紫紺乃米BBクリーム口コミ・体験談TOP > 紫紺乃米BBクリームの保湿力のすごさ > 紫紺乃米BBクリーム保湿成分2「アテロコラーゲン」

「アテロコラーゲン」がもつ保湿力とは

 

ハリと弾力をたもつ「アテロコラーゲン」

 

「アテロコラーゲン」とは

 

アレルギー反応の原因となる部分を排除した純度の高い
医療用に開発されたコラーゲン。
(もともとは人工臓器用の医療用に開発されたもの)

 

そのためアテロコラーゲンは、他のコラーゲンよりも
アレルギーの反応がでにくいコラーゲンの為、敏感な肌の方でも
安心して使用していけます。

 

「コラーゲン」とは…

 

コラーゲンとは、人間の身体をかたちつくっているたんぱく質の一つです。身体の中に存在するたんぱく質の約30%がコラーゲンでできています。

 

コラーゲンは身体のさまざまな所に存在していますが、皮膚や骨そして血管などに多く含まれています。

 

 

肌の表皮(一番表面にでている部分)の下の真皮という2ミリほどの厚さの層に
コラーゲンは存在しています。

 

 

この真皮層では70%がコラーゲンできています。この事からコラーゲンと皮膚の関係が密接な物であることがわかります。

 

コラーゲンは弾力のある繊維でできていて、肌の水分保持するのに働いたり、皮膚の細胞同士をつなぐはたらきがあります。

 

また網目状にはりめぐっているコラーゲンは、皮膚のハリ・弾力を保っています。

人間の体内では、コラーゲン細胞の分解と生成の化学反応が常に行われています。この反応は年齢がすすむにつれ、分解されるほうが多くなってきてしまいます。

 

ですから加齢により、皮膚のコラーゲンの量が少なくなってきてしまうのです。
コラーゲンが減少することで、しわ・たるみの原因にもなります。
さらに保湿力もなくなるので、肌荒れの原因にもなります。

 


コラーゲンは、ヒアルロン酸と同じように肌を保湿させるのに役立っています。またこの二つの成分は密接な関係性があり、体内のコラーゲンが不足の状態でヒアルロン酸を摂取しても皮膚にとどめておくことができにくくなります。

 

関連記事一覧

紫紺乃米BBクリームの保湿力が高い理由

3つの成分の融合が高い保湿力を生み出しました。古くから伝わる保湿成分の配合現代の新しい保湿成分の配合   この二つの保湿成分の融合により    ...

紫紺乃米BBクリーム保湿成分1「米ぬかセラミド」

皮膚の角質層の保湿力をあげる「米ぬかセラミド」「米ぬかセラミド」(コメヌカスフィンゴ糖脂質)保湿成分は肌にうるおいを与えます。”紫黒米”の「米ぬか」エキスはこの...

紫紺乃米BBクリーム保湿成分2「アテロコラーゲン」

ハリと弾力をたもつ「アテロコラーゲン」「アテロコラーゲン」とはアレルギー反応の原因となる部分を排除した純度の高い医療用に開発されたコラーゲン。(もともとは人...

紫紺乃米BBクリームの保湿成分3「スーパーヒアルロン酸」

真皮に働きかける保湿する「スーパーヒアルロン酸」   「スーパーヒアルロン酸(アセチルヒアルロンNa)」スーパーヒアルロン酸とは、通常のヒアルロン酸よりも効果が...


 
筋トレ